ビクトリアコイン情報館へようこそ!!

ビクトリア(ヴィクトリア)は英国の女王として、64年にわたる歴代国王中最長の治世(ちせい)を行い、英国史上最も輝かしい時代を築くと共に今日でも最も人気の高いと言えるアンティークコインコレクションの一つとなっております。

ビクトリア(ヴィクトリア)の生い立ち

ビクトリア(ヴィクトリア)はジョージ3世の第四王子であるケント公(ケント公エドワード)の一人娘として1819年5月24日午後4時15分頃にロンドンのケンジントン宮殿で生まれ、18歳でハノーヴァー朝第6女王に即位しました。1840年には母方の従姉弟にあたるアルバート公(ザクセン=コーブルク=ゴータ公国公子アルバート)と結婚、立憲君主としての地位を固め、国民に敬愛されました。結婚の1年前に発行された1839年のプルーフコインセット(金貨、銀貨、銅貨など)はウナとライオンを筆頭に今日でも大変人気の高いコインシリーズとなっており、国内、海外ともに高額で取引が行われています。

ビクトリアは1877年に保守党の首相ベンジャミン・ディズレーリの計らいでインド女帝の称号も得ました。これによってインドコインの銘文が”VICTORIA QUEEN(ビクトリア女王)”から”VICTORIA EMPRESS(ビクトリア女帝)”に変更となりました。

ビクトリアのコインが発行された国々

ビクトリアのコインは本国、英国(イギリス)だけではなく以下のような様々な国で発行が行われました。オーストラリア、英領ギアナ、マルタ、カナダ、エドワード島、セイロン、ノーヴァスコシア、キプロス東アフリカ香港インドジャージージャマイカ海峡植民地ニューファンドランド、ニューブランズウィック、英領ホンジュラス、モーリシャス、マン島などで発行されています。

ビクトリアコイン情報館では様々な国で発行された彼女のアンティークコイン(金貨、銀貨、銅貨など)について日々記事を更新しております。ビクトリアコインコレクションの参考になりましたら幸いです。

目次

英国領 香港

英国領 香港
英国 香港のビクトリアコインについて記事を更新中!

英国領 東アフリカ

英国領 東アフリカ
英国 東アフリカのビクトリアコインについて記事を更新中!

英国領ジャマイカ

英国領ジャマイカ
英国 ジャマイカのビクトリアコインについて記事を更新中!

英国 マン島

英国 マン島
英国 マン島のビクトリアコインについて記事を更新中!

ホンジュラス

ホンジュラス
英国領ホンジュラスのビクトリアコインについて記事を更新中!

海峡植民地

海峡植民地
英国 海峡植民地のビクトリアコインについて記事を更新中!