1. ホーム
  2. ジャージー
  3. ≫英領ジャージーのビクトリアシリング銅貨について

英領ジャージーのビクトリアシリング銅貨について

こんにちはビクトリアコイン情報館です。今回は英領ジャージーのビクトリアシリング銅貨について書いて行きたいと思います。

 英領ジャージーのコイン発行について

ジャージー島はフランス沿岸にある英領の島で、1813年からポンドスターリング制で独自のコインを発行していました。ジャージーの貨幣制度の特徴としては、シリングが貨幣単位であり、当初は1ペニーは1/13シリングと表示されました。コインのデザインとしては表面にビクトリア女王の肖像、裏面に3頭のラインを描いた盾というのが殆どのコインに採用されシンプルですが非常に美しいデザインのコインとなっています。

英領ジャージーのビクトリア シリング銅貨について

ジャージーのビクトリアコインは銅貨と青銅貨に大きく分ける事が出来ます。プルーフ貨も加味しますと1865年までは基本的には銅貨、1866年移行は青銅貨で発行されており、本国(英国)と同様、時代が経つにつれて青銅貨へ置き換わって行く姿が見て取れます。

ビクトリア 1/52 シリング銅貨

シリング

ビクトリア 1/52 シリング銅貨です。KM#1で発行枚数は11.6万枚、1840年〜1841年に発行されました。カタログ価格はUNCで375USDとなっており、実勢価格としてはMS64のコインが750USD(手数料などを加味すると880USD)で取引されております。日本で手に入れようと考えた場合、送料、輸入消費税等がかかる事から12万円程度(ドル/円=120で計算)となり、カタログ価格に比べると高額で取引されている印象を受けます。

ビクトリア 1/26シリング 銅貨

シリング

ビクトリア1/26 シリング銅貨です。KM#2で1841年、1844年、1851年、1858年、1861年に発行されました。カタログ価格は150USD〜225USDとなっており1/52シリングと同様、安価となっています。実勢価格はカタログ価格とあまり乖離が無く、古いデータですが2012年の時点では1841年1/26シリング銅貨(MS63)は手数料込み300USD程度で取引が行われました。やはりヤングヘッドの肖像のコインはカタログ価格に比べ高額で取引される事が多いように感じます。

ビクトリア1/13シリング 銅貨

1945167

ビクトリア1/13シリング銅貨です。KM#2で1/26シリング銅貨と同様に複数年に渡って発行が行われています。発行枚数は単年度で10万枚〜20万枚弱程でカタログ価格はUNCで225USD〜300USD程度とこちらもカタログ価格はあまり高くありません。実勢価格は1851年(カタログ価格300USD MS64)のコインが手数料込み330USD程度なのでカタログ価格より若干安い価格で取引が行われているように感じます。

まとめ

今回は英領ジャージーのビクトリアシリング銅貨について見てきました!ヤングヘッドの肖像は美しく、国内海外共に人気が高いです。

今回の記事がビクトリアコインコレクションの参考になりましたら幸いです。

アンティークコイン委託販売.net

目次

英国領 香港

英国領 香港
英国 香港のビクトリアコインについて記事を更新中!

英国領 東アフリカ

英国領 東アフリカ
英国 東アフリカのビクトリアコインについて記事を更新中!

英国領ジャマイカ

英国領ジャマイカ
英国 ジャマイカのビクトリアコインについて記事を更新中!

英国 マン島

英国 マン島
英国 マン島のビクトリアコインについて記事を更新中!

ホンジュラス

ホンジュラス
英国領ホンジュラスのビクトリアコインについて記事を更新中!

海峡植民地

海峡植民地
英国 海峡植民地のビクトリアコインについて記事を更新中!