1. ホーム
  2. キプロス
  3. ≫英国領キプロスのプルーフ青銅貨について

英国領キプロスのプルーフ青銅貨について

こんにちは今回はビクトリアコイン情報館です。今回は英国領キプロスのプルーフ ピアストル青銅貨について見て行きたいと思います!!

英国領キプロスとは

キプロス共和国、通称キプロスは、トルコの南の東地中海上に位置するキプロス島の大部分を占める共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はニコシア。ヨーロッパ連合加盟国。公用語はギリシア語。

キプロスにおける古代貨幣製造はBC6世紀頃に始まったとされています。当初のコインはキプロス文字の銘文を記したタイプとなっており、その後、ギ リシャ文字に変化して行きました。1878年に入ると英国(イギリス)が行政権を獲得し、1879年の3種の青銅貨が発行され余した。その後、1950年 までキプロスのコインには英国王(女王)の肖像が描かれることになりました。

キプロスの貨幣制度は9ピアストルが1シリングとなっており、ビクトリア時代の貨幣発行としては1/4ピアストル〜1ピアストルまでの青銅貨が発行されました。

英国領キプロスのピアストル プルーフ貨

プルーフ青銅貨

キプロスにおけるビクトリアコインの貨幣発行ではプルーフ貨がミントステイト同様1/4ピアストル、1/2ピアストル、1ピアストルで行われました。

大変希少なコインとなっており、市場で取引される事は殆どありません。カタログ価格も高額で人気の高い1ピアストル青銅貨のプルーフはカタログ価格1350USD〜4300USD程となっています。

実勢価格もカタログ価格同様高額で、例えば上記の1900年ビクトリア プルーフ ピアストル青銅貨(KM#3.2、カタログ価格4300USD、グレードPR65)は2009年に手数料込み8200USD(日本円で約100万円)で取引が行われており、2009年という時期を考えますと、現在では日本円に換算すると150万円程度まで値が上がっていても不思議ではありません。

セイロンやインド、香港、ジャージーなど他の英国領の国のプルーフ貨同様、プルーフの中でもブルートーンなどが入ったものは特に人気が高く、同じプルーフでも若干高額で取引される事が多いように感じます。

青銅貨でこれだけの価格がつくのはさすがビクトリアと言えますね!!今回の記事がビクトリアのコインコレクションの参考になりましたら幸いです。

目次

英国領 香港

英国領 香港
英国 香港のビクトリアコインについて記事を更新中!

英国領 東アフリカ

英国領 東アフリカ
英国 東アフリカのビクトリアコインについて記事を更新中!

英国領ジャマイカ

英国領ジャマイカ
英国 ジャマイカのビクトリアコインについて記事を更新中!

英国 マン島

英国 マン島
英国 マン島のビクトリアコインについて記事を更新中!

ホンジュラス

ホンジュラス
英国領ホンジュラスのビクトリアコインについて記事を更新中!

海峡植民地

海峡植民地
英国 海峡植民地のビクトリアコインについて記事を更新中!